FC2ブログ
yamu
http://dorayakitabetaiyo.blog117.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
転がる岩、君に朝が降る
2011-11-20 Sun 19:19
ちょこっと写真

IMG_7416.jpg
うちのルームメイト
バスケのチームでインターン始めたためテーピングの練習をしてます。がんばれYo
私もあわよくばついていくつもり笑 だって見たいじゃん!!


妹からバースデーカードと一緒にもらった四畳半神話大系の"私(主人公)"のポスカ

四畳半神話大系とは京都市を舞台に、大学3回生の男子学生が、1回生時に選んだサークルによって自らの大学生活をいかに変えていったか、その可能性を描く一人称小説。(スペシャルサンクスTo Wikipedia)
アニメは原作の森見登美彦先生の小説に中村佑介先生のデザインとかもうね…幸せだった

Aを選んだ場合の大学生活→「こんなはずじゃなかった」、
Bを選んだ場合の大学生活→「そんなはずじゃなかった」、
Cを…と京都の某大学生が"薔薇色のキャンパスライフ"を目指して何度も様々な大学生活を送るお話。
早い話ネタばれすると、どれを選んでもその時の結末も、"私"にとっての"登場人物"も関係し合っている。それについてまた色々興味深い話や考え方が作中に出てくるけど、それを見てて、

自分が今の道を選んでなかったとしても、
きっともしかしたら会うべき人には出会っていたのかなとかふと思った。
他の留学生の出身とか聞く限り、留学でもしなきゃ出会わなかっただろうなって思う人たちもいたんだけどさ、
意外とそうじゃなかったりしてね。

あと余談ですけど、この前もし自分たち日本人KIN生全員が日本の同じ大学・高校にいたらどうなっていただろうね。って話になった。
自分が高校、中学の時にいた先輩や後輩を思い出しながら、「1個下の学年に〇〇くんたちがいて、1個上の先輩にXXちゃんがいて、△△さんはそのころ大学生で…」って学年の話したり先輩後輩の自分たちを想像。
アメリカ、CSUNでは色んな年齢の子が同じ時期に卒業するから、その感覚に慣れていたせいかその話はなんだかちょっと不思議な感覚だったな。

でも実際にそうなっていたとしたら、自分たちは一体どんな関係になっていたんだろうか。
運命と呼ぶには大雑把でゆるい、そんな並行世界を考えるのもちょっと面白い
それにしても本当に妹GJ。
ちゃっかり右上に"私"役の声優浅沼さんのサインがついてるところもさすが妹クオリティ


そういえばアジカンベスト出るらしいっすね たのしみ
スポンサーサイト

別窓 | CSUN・その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<Endless Roll | That's Just Like Me | just like starting over>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| That's Just Like Me |
copyright © 2006 That's Just Like Me all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。